キャッシング 支払い 延滞 滞納 払えない

キャッシングの支払いを延滞や滞納!払えない時は弁護士へ

債務整理してもローン組める?

 

いくつもの借金を抱えると、返済が大変になってきます。
借金には利息が付きますよね。

 

毎月、いくつもの借金を返済していたら総額が大きくなります。
そうなると、家計を圧迫してしまいます。

 

返済期間が長くなればなるほど、辛くなってくると思います。
そんな状態を見直すために、債務整理を考えてみてはどうでしょうか。

 

 

 

債務整理すると、複数の借金をまとめることができます。
借金をまとめることで、毎月の返済額を減らすことができるんですよ。

 

毎月の返済額が減れば、苦しい家計も楽になりますよね。

 

 

また、債務整理すると払いすぎた利息が戻ってくることもあります。

 

弁護士や専門家のところへ債務整理の相談をしてみるといいです。

 

 

 

しかし、債務整理にはマイナス面もあるんです。
それは債務整理の情報がブラックリストに載ることなんです。

 

債務整理には、いろんな方法がありますが、どれもブラックリストに載るので、
新しくローン組めることはできません。

 

債務整理は、ローン組めるだけではなくクレジットカードも使えなくなるんです。

 

 

 

一番大切なことは、借金をするなら余裕を持って返済できる金額を借りることです。

 

収入が減る可能性もあるので、月の返済額を少なめに借りることです。

債務整理には、いろんな方法がある

 

 

毎月の借金返済が大変になってきたと悩んでいる人もいます。

 

1件でも借金を抱えるのは大変なことなのに、借金が複数になると
返済額も大きくなりますよね。

 

家計を圧迫するほど、借金の返済が大変なら債務整理する方がいいかもしれませんね。

 

 

 

しかし、債務整理というと自己破産と思って抵抗があるかもしれませんが、
債務整理の方法には、「任意整理」「個人再生」「特定調停」があります。

 

この中から合った方法を選びます。

 

また、他の方法では「おまとめローン」や「過払い金返還請求」もあるんです。

 

 

 

自己破産とは、多額の借金で返済ができなくなった状態です。

 

自己破産すると、借金は無くなります。

 

しかし、ブラックリストに情報がのることや20万円以上の財産は取り上げられます。

 

もし、家や車を持っていたら無くなるということです。

 

 

ブラックリストにのるのは10年のようですが、詳しいことは分からないので、
確認する方法は無く、分かるのは年数ぐらいです。

 

また、ブラックリストにのっている間は、ローンを組むことやクレジットカードを
使えなくなります。

 

 

自己破産はデメリットが大きいので、よく考えて行うことです。

 

 

債務整理について、詳しいことは弁護士などの専門家に相談するといいです。

 

借金返済方法